>

美人はみな持ってる?!鼻筋を作る

鼻筋を作る前に

まず、鼻筋がある人の鼻と、団子鼻にはどのような違いがあるのかを見てみましょう。
鼻筋がある鼻というのは、眉毛の付け根から鼻の先まで線が通ったようなラインがある鼻のことです。
このような鼻は小鼻も小さく見え、いわゆる「鼻が高い」と呼ばれるような鼻です。
また顔が整っていると言われる人にはこの鼻筋があります。

一方、団子鼻はパッと見て鼻の上部がのっぺりして見えます。
またそのせいで目と目の間が広く見え、小鼻の大きさが強調されてみえます。
なので、決して小鼻が大きいのではなく、鼻筋がないことが原因でそのように見えています。

ということは、メイクで鼻筋を作れば大きく解消ができそうですよね。
そのために使うのがノーズシャドゥと呼ばれるアイテムです。

鼻筋を作ってみよう

鼻筋のある鼻を手に入れるために、まずはノーズシャドゥとハイライトを手に入れましょう。
やり方もそれほど時間がかかるものでも、また難しいものでもありません。
シャドゥは自身の肌の色に合わせて買うようにしてください。

メイクの手順としては、鼻よりも先にアイメイクやアイブロウメイクを済ませておきましょう。
そしてノーズシャドゥをいれる場所は、目頭の上部の凹んだところ、鼻筋のスタートする箇所とまゆ頭を結んだ線、そしてそれを延長させた線です。
これらは鼻筋の陰にあたる部分です。
シャドゥを入れた後はなじませるように。指先を使ってぼかします。

仕上げにハイライトを鼻筋と鼻先にいれます。
ハイライトはより鼻筋を強調するためのものです。
注意したいのが太さです。
太く書いてしまうと、鼻が大きく見えてしまいます。


この記事をシェアする